小規模事業者持続化補助金(卒業枠)

小規模事業者持続化補助金 卒業枠

小規模事業者持続化補助金(卒業枠)とは

新規雇用に積極的に取り組むことによって事業規模を拡大する小規模事業者が対象の補助金です!

小規模事業者持続化補助金(卒業枠)とは

☆雇用拡大に積極的に取り組むことによって、小規模事業者の従業員数を超えて規模を拡大する(「小規模事業者」を「卒業」する)事業者が対象の補助金です!

補助上限:200万円

補助率 :対象経費の2/3 ➡ 新規雇用により小規模事業者の要件を超える常時雇用従業員数(商業・宿泊業・娯楽業除くサービス業:6人以上、宿泊業・娯楽業・製造業など:21人以上)を満たすことが要件となります

詳しくは👉 小規模事業者持続化補助金・公式サイト

 

詳細は以下リンクよりご確認下さい。

申請類型 概要 補助上限額 補助率
通常枠 販路開拓に取り組む小規模事業者向け 50万円 2/3
賃金引上げ枠 販路開拓・賃上げに取り組む小規模事業者向け

★赤字事業者は補助率3/4

200万円 2/3
卒業枠 事業規模拡大・販路開拓に取り組む小規模事業者向け ※本ページ記載 200万円 2/3
後継者支援枠 アトツギ甲子園ファイナリスト進出を果たした小規模事業者向け 200万円 2/3
創業枠 開業3年以内の「認定連携創業支援等事業者による特定創業支援等事業の支援」を受けた小規模事業者向け 200万円 2/3

【通常枠・賃金引上げ枠・創業枠 については、下のリンク先をご参照ください】

通常枠・特設ページ 👉 https://cb-ken.com/service/jizokuka/

賃金引上げ枠・特設ページ 👉 https://cb-ken.com/service/jizokuka_bumpai/

創業枠・特設ページ 👉 https://cb-ken.com/service/jizokuka_sogyo/

 

卒業枠の詳細は、この先の記事をお読みください…

小規模事業者持続化補助金(卒業枠) 対象となる小規模事業者

商業・サービス業(宿泊・娯楽業を除く)・・・従業員5人以下
宿泊業・娯楽業・製造業その他・・・従業員20人以下

小規模事業者持続化補助金(卒業枠) 販路開拓活用例

サポート価格掲載の報酬額は一例であり、補助金額により前後します。お見積時に確定額をお知らせします。

 

小規模事業者持続化補助金(卒業枠)〈どんなことにつかえるの?〉

※ 青字が本補助金の対象経費

□古民家をカフェとして営業するため、厨房を増設。加えて、地元飲食店とのコラボメニュー開発や、地域住民の協力を得て様々なイベントをカフェで開催。

□蕎麦屋が地元特産のかき揚げをセットメニューに追加するため、高性能フライヤーを導入。新規顧客の増加、顧客単価アップを目的として地元メディアに広告を出稿

 

【小規模事業者持続化補助金 活用事例をご紹介します】

👉 小規模事業者持続化補助金を活用!Webサイトを活用したオンライン販売の強化

👉 美容室経営にも使える!小規模事業者持続化補助金

小規模事業者持続化補助金(卒業枠) 募集期間

・卒業枠

第12回締切 ・・・2023年6月1日(木)
第13回締切 ・・・2023年9月7日(木)
👉 小規模事業者持続化補助金 スケジュール解説・特設ページ

 

【小規模事業者持続化補助金チラシ(ダウンロード可)】

  

持続化補助金_経産省発行チラシ

小規模事業者持続化補助金(卒業枠) 令和5年度(第12回~)主要変更点

☑インボイス特例

免税事業者から適格請求書発行事業者に転換する事業者(インボイス転換事業者)を対象に、全ての枠で一律に50万円の補助上限を上乗せし、販路開拓(税理士への相談費用を含む)を支援します。

ご不明点などございましたらConsultoriaまで是非、お問合せ下さい!

小規模事業者持続化補助金(卒業枠)申請支援 Consultoriaの特徴

小規模事業者持続化補助金の申請書(計画書)の作成を支援するサービスです!

さまざまな分野の強みを持つ当研究会所属のコンサルタントの中から案件に応じて最適者を選任し、

さらに研究会全体で二重三重の申請書チェックを行うことで、高い採択率を維持しています。

採択後も、計画実行から補助金お受け取りまで、煩雑な事務手続きのご支援を含む安心のフルサポートを提供します。

問い合わせ先

お急ぎの方は、こちらへお電話ください。

電話080-3437-9833(担当:佐藤) ※対応時間:平日 10:00〜20:00

メッセージ本文に、以下内容をご記入ください。
①所在地 ②資本金 ③業種 ④従業員数 ⑤決算月 ⑥代表者様名 ⑦創業時期 ⑧gBizIDの有無 ⑨事業の概要 ⑩ご検討いただいている取組内容や想定費用・取組時期(わかる範囲で)

御社名(必須)

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

お電話番号

メッセージ本文

 

 

 

■関連記事