IT導入補助金

IT導入補助金ならConsultoriaへ!2020年度申請相談受付中!

IT導入補助金申請支援サービス

サービスの強み・特徴

その1

補助額上限が9倍(450万円)にアップ!

その2

ITツールの選定から面倒な手続までトータルサポート!

その3

約200件の採択の実績!

補助金の制度(補助金・計画等)

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等の皆様が、ITツール(ソフトウェア、サービス等)の導入を通じて生産性向上を図ることを支援する補助金です。AI(人工知能)の導入など、進化を続けるITを縦横に活用して、御社の業務効率化・収益向上を目指してみませんか?

【IT導入補助金の特徴】

■多様なITツール

IT導入補助金では、「IT導入支援事業者」により、ホームページ制作はもとより、グループウェア、業務ソフト、自動化・効率化ツールなど、中小企業・小規模事業者等の皆様のニーズにこたえる多彩なITツールが準備されています。

■簡略化された申請プロセス

通常の補助金・助成金の場合、申請書に詳細な事業計画を記入し、各種証明書類(決算書、登記簿謄本など)を揃える必要があるなど、煩雑な作業が必要です。
これに対して、IT導入補助金は、申請手続きのほとんどはWeb上の「申請マイページ」で完結し、法人の場合は添付書類も不要(「法人インフォ」で確認するため)など、申請手続が簡略化されているので、手軽に申請することが可能です。

■ITツール導入のサポートも補助対象

特に、ソフトウェアやクラウドサービスだけでなく、保守サポート費、導入に向けた研修やコンサルティング費用も補助対象となりますので、ITに詳しくない中小企業者も、スムーズにITツールを導入することができます。

■新たに特別枠(C類型)が創設(令和2年補正)

昨今の新型コロナウイルス感染症の影響への具体的対策(サプライチェーン毀損への対応・非対面型ビジネスモデルへの転換・テレワーク環境の整備等)に取り組む事業者のITツール導入を優先的に支援するため、新たに特別枠(C類型)が創設されました。

【IT挿入補助金の概要】

補助対象者 生産性の向上に資するITツールを導入する中小企業・小規模事業者等

  • 中小企業と同規模の特定非営利活動法人(NPO法人)、社会福祉法人も補助対象者となります。
  • 「日本国内で事業を行っていること」「反社会的勢力ではないこと」などの条件があります。
  • 「SECURITY ACTION」(中小企業・小規模事業者等自らが、情報セキュリティ対策に取組むことを自己宣言する制度)の宣言をWeb上で行う必要があります。
補助対象経費 ①ソフトウェア製品/クラウドサービス ※ハードは対象外

  • 職員間のコミュニケーション・システム
  • 日々の経理を効率化する会計ソフト
  • 顧客情報等を一元管理するクラウドシステム
  • 飲食店のセルフオーダーシステム   など

② オプション(機能拡張、アカウントID追加等)
③ 役務(最大1年分の保守・サポート費、導入支援等)
※特別枠(C類型)ではPC・タブレット等のハードウェアにかかるレンタル費用も補助対象

補助率 1/2(特別枠(C類型)は2/3~3/4)
補助上限額・下限額 上限450万円・下限30万円

例えば税込110万円以上の補助対象経費に対して、50万円の補助金が支払われることになります

加点項目
  1. 在宅勤務制度を新たに導入するためのテレワークの導入を行うことを事業内容に明記していること
  2. 生産性向上特別措置法に基づく特例措置に関して、固定資産税の特例率をゼロの措置を講じた自治体に所属していること
  3. 給与総額及び事業場内最低賃金を一定基準以上の水準とすること
  4. 地域未来投資促進法に基づく地域経済牽引事業計画の、都道府県の承認を受けた、または、経済産業省が選定する「地域未来牽引企業」であること(等)
減点項目 過去3年間に類似の補助金(IT導入支援事業)の補助金の交付を受けた事業者
公募期間 3次締切:2020年6月12日(金)まで
4次締切:2020年6月26日(金)まで
5次締切:2020年7月10日(金)まで

【補助金を得るまでの流れ】

IT導入補助金の申請方法

Consultoriaのサービスのポイント

その1

ITツール導入の入り口から出口までトータルサポート!

IT活用といっても、そもそもどうやって活用したらいいか、またどんなITツールを導入したらいいか、どうしても迷いがちです。

Consultoriaでは、御社の悩みをお伺いしながら、IT活用の切り口と御社に合ったITツールをご提案します。また、補助金獲得後のITツールを活用した生産性向上についても、支援いたします。

その2

面倒な申請手続を丁寧にサポート!

IT導入補助金の申請では、Web経由の手続がいくつもあって、面倒で迷いがちです。

Consultoriaでは、中小企業診断士が御社を訪問して(またはWeb会議などオンラインで)、申請手続がスムーズに進むよう、一歩一歩丁寧にサポートします。

その3

圧倒的な実績

平成30年(平成29年度補正)では、150件が採択されるなど、ConsultoriaによるIT補助金導入支援は圧倒的な実績があります。

企業の悩みとConsultoriaによる解決方法

ITといっても、そもそも活用できるのかわからない…

IT導入補助金で業務改善

御社らしいIT活用の切り口をご提案します。

ITツールがたくさんありすぎて、何を使えばいいかわからない…

IT導入補助金で業務効率化

御社に合ったITツールをご提案します。

IT導入補助金はインターネットでたくさん手続があって面倒…

IT導入補助金の申請を支援

訪問やオンラインで丁寧にサポートします。

サービス利用までの流れ

 計画書の作成など実績ある専門家(中小企業診断士) が対応いたします。

<重点支援地域> 新宿区・横浜市・川崎市・新潟県 (他の地域も大歓迎!)

STEP1

お問い合わせ
下記フォームよりお問い合わせください。

STEP2

ご相談
IT導入補助金の概要についてご説明したうえで、IT導入補助金の流れについてご相談します。コンサルタントよりご連絡し、具体的な内容をお伺いします。

STEP3

IT活用・IT導入支援事業者・ITツールの選定支援
御社の経営上の悩みや課題について詳細にお伺いしつつ、IT活用の切り口についてご提案します。また、御社の悩み解決に適切なIT導入支援事業者・ITツールをご提案します。

STEP4

IT導入補助金申請実務支援
IT導入支援事業者から「申請マイページ」の招待を受けたことを前提に、Web上で行う以下の作業について、訪問又はオンライン会議などで支援します。また、申請に必要な、生産性向上に関する数値計画についても支援します。

STEP5

アフターフォロー(オプション)
IT導入補助金で導入したITツールを活用した、御社の生産性向上についてサポートします。

 

問い合わせ先

お急ぎの方は、こちらへお電話ください。
電話080-3437-9833(担当:佐藤) ※対応時間:平日 10:00〜20:00

御社名(必須)

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

お電話番号

メッセージ本文

 

 

■関連記事

業務効率化・売上アップの促進を図るITツールに対する補助金制度